YouTubeショート動画 で【チェンネル登録を増やす】

スポンサーリンク
釣りYouTubeでチャンネル登録者数を増やす
YouTubeでは今まで長い動画を優遇されてまいりました
長い動画ほど関連動画や検索結果に表示されやすく、今までは如何にみられる動画を長くつくるかを意識づけていたと思われます。
ですが今回ご紹介したYouTubeショート動画では、あの『YouTubeマスターD』さんでもご紹介しているようにTikTokに対抗した短編動画投稿サービスになっています。
では何故このタイミングで出たか?

YouTubeショート動画の理由

インドやアメリカで政治的理由でTikTokを禁止する流れにななっていますが、TikTokをなくした場合に変わるサービスをつくるためのものになっています。
ではどのような仕組みなのか?
  • 音楽: 自由に使用できる曲を一覧から選べます。
  • スピード コントロール: 録画速度を速くしたり遅くしたりできます。
  • タイマー: ハンズフリーで録画できる「カウントダウン」や、自動で録画が停止する「停止位置」を設定できます。
平均15秒(最大60秒)
恐らく今のTikTokに近いものになっていると思います。
では、YouTubeショート動画を利用することでどのようなメリットがあるか?

YouTubeショート動画を利用するメリット

今現在、自分たちがYouTubeショート動画でメリットとして考えていることは2つあります。
1つは、今後ショート動画でも収益が見込めること(未定)
2つ目は、チャンネル登録者数が集まりやすいと言うことです
1の収益化はまだまだ未確定部分になりますが、2つ目の登録者数が集まりやすいことで、1000人以下のYouTubeチャンネルが、『1000人到達達成』がスムーズになるのではないかと確信しています。
実際にSECOND LIFEでも一つの動画でチャンネル登録者数が今現在39人集めている動画があります。
では何故そんなに集めることができたのか?
YouTubeショート動画ではスマートホンでチャンネル登録のボタンが中央下に赤いボタンとして表示されているのです。
このため面白い動画や気になるどうがでチャンネル登録しやすい状況を作り上げているのだと思います。
しかし、全ての動画がアップされるわけではございません
YouTube内のヘルプでは
『クリエイターがショートを利用する場合は、短い縦向き動画(最大 60 秒まで)をアップロードし、必要に応じてタイトルや説明欄に #Shorts を含めることをおすすめします。』
と表示されていると思います。
その中からYouTubeがショート動画として選別してYouTubeショート動画として投稿されているのだと思います。
ここまで、今わかる範囲でYouTubeショート動画についてご説明してきました
『1000人突破』のためにも、是非活用してみましょう!!
釣りYouTubeでチャンネル登録者数を増やす
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ほっしーをフォローする
スポンサーリンク
SECOND LIFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました