お金をかけずに、釣りYouTubeを始める為に必要な機材5選

スポンサーリンク
釣りYouTubeでチャンネル登録者数を増やす
今回ご紹介するのは、誰しも憧れる釣りYouTubeの動画撮影で必要な機材5選になります。
SECOND LIFEも、YouTubeを始めた時には少ないお小遣いの中から必要最低限な機材で動画撮影を始めました。
もちろん無駄に機材を買ってしまって、お蔵入りになってしまった物も数多くあります。
そんな中でSECOND LIFEがお勧めした動画撮影の機材はこちらです!
スポンサーリンク

1.自撮り棒

SECOND LIFEで一番初めに購入した物です。とにかくこちらがないと『動画撮影は始まらない』と思うぐらい使用しております。
近くに置いておくことにより、長時間の定点カメラとして使用することが可能です。また、手持ちでアップの撮影、手元の作業の撮影などに優れております。一人で撮影したい時に固定カメラを起きたい時にもお勧めの機材になります

2.アクションカメラ用首掛け ロック式 スマホホルダー付き

1で紹介した自撮り棒と兼用して撮影する機材として、必要な機材だと感じます。
首下からのアングルが撮れることによって竿先の状況や仕掛けの付け方、魚や伊勢海老のあたった感じが、取り逃しが無い状態で撮影することが可能になると思います。
ただ、1番目にご紹介した自撮り棒と兼用することでお互いのデメリットを改善できるのですが、カメラが首元の撮影のみになってしまうのがデメリットかと思います。

3.アクションカメラ

こちらは、iPhoneと合わせてご使用すると便利かと思います。iPhoneを使用しながら撮影を行なっていると万が一落としってしまって割ってしまったり、海へ落としてしまうとかなり損害が大きいかと思われます。また、GoPro比べるとリーズナブルな価格で購入できるので万が一壊してしまった場合や、海に落としてしまった場合のショックは軽減されるのでは無いでしょうか!
撮影性能としましても、4K高画質、2000万画素、水中カバーなど色々な機能も兼ね備えております。
デメリットとしては電池の持ちが悪いところから、モバイルバッテリーも持ち歩くことをお勧めいたします。

4.iPhone

これがなければ始まらないのが、iPhoneじゃ無いでしょうか!色々な動画を撮ることが可能ですし、また動画編集、SNSの活用YouTubeにあげることまでをこれ一台で行うことが可能です。
できれば、iPhoneProを使用して動画の質を高めるのも臨場感あふれる動画撮影が可能かと思います

5.MacBook

SECOND LIFEの動画のほとんどがIMovieで編集された物です
こちらはまた別なブログでご紹介したいと思いますが、撮影した動画のカット編集や動画管理をMacで行なっております。
実際、iPhone一台でYouTubeを始めることは可能ですが、MacBookで編集することにより、より一層スムーズかつ簡単に動画編集をすることが可能になると思います。

以上、今回は釣りYouTube動画撮影に最低限必要な機材5選を紹介してきました。
どんどん良質な機材が生まれる中、初期費用がかからない機材を体験を持ってご紹介いたしました。
それでは、YouTubeビジネスがうまくいくよう心から応援しております。
釣りYouTubeでチャンネル登録者数を増やす
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ほっしーをフォローする
スポンサーリンク
SECOND LIFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました